無意識に出る口癖・・・

くち‐ぐせ【口癖】習慣のようになっている言葉遣い。たびたび話す話やよく使う言葉。
日常で良く使われる『口癖』ですが、無意識に出る分、その人の内面や性格などその人の芯に繋がっている部分でもあると思います。
さて、そんな人の内面を写す口癖ですが、今回はそんな口癖から見る、相手の深層心理をのぞいてみようと思います。

「なるほど」

「なるほど」という言葉を頻繁に使う人は、悲しい事ですが人の話を聞かないタイプです。
大きな相槌や「私はあなたの事を分かってます」風は、聞いてるフリであって彼女達にとってはパフォーマンスにすぎません。
あと「なるほど」と言う言葉を使う人は、自分にしか興味が無く、基本他人には無関心な傾向が強いです。
「ちゃんと聞いてる?」の一言も大切ですが、話すのもほぼ無駄かもしれないので、早急に話を切り上げるのも吉かもしれません。

「別に」

屈折した心理の持ち主で、自分の意見はあるのに、言いたくんないなどの気持ちで
「別に」と言う言葉にするのです。
「ホントは言いたい事があるけど、別にいい」と言う心情がココに込められており、若い人を中心に増えてきた口癖でもあります。
根底には「どうせ言っても無駄」「わかってくれないし」などのネガティブな面があり、またこのタイプの女性は、たくさんの仲間とワイワイやるより、独りで行動したり、独りでいることを好みます。

ある意味、沢尻エリカの「別に・・・」の意味が頷けますね。

「なんか」「みたいな」「かも」

女性に多いのではないでしょうかこの口癖・・・
こういう曖昧な表現をよくする人は保身的で、ワガママだったり無責任な一面を持っている場合があり、自分自身一番可愛いと思っている節があり、他人を裏切る事が多いように思います。
女性が浮気している時「今日もしかしたら会えないかも・・・」「なんか○○っぽいよね~」など多様して来た場合こういう人には、「かもって何?」など確信をつくようなことを質問してみると良いでしょう。
続いて『でも・・・』『だって』が続くようであれば、完全にワガママ気質でお姫様タイプですね・・・

番外編:『すごい!』『かっこいい!』褒める言葉

「すごいです!」「かっこいいですね!」やちょっとした事で「ありがとう」と言える人なんですが、それだけ聞けば、すごく良い人に思われますが、こういった良い口癖が多い人ほど、内心は酷く臆病で小心者な人が多いようです。
理由は、こういった「すごいです!」「かっこいいですね!」などの人を褒める台詞を言われれば、誰だって悪い気はしません。
そう!そこなんです!!
こういった人を褒めるような言葉が口癖の人は、知らず知らずのうちに、敵を作る事を恐怖し保身に回る傾向があります。
一概にそれがすべての人がとは言いませんが、敵を作りたくないと言う気持ちは、人より強いかもしれません。

どうでしたか?

あなた自身がよく使う口癖、よく言われる口癖はありましたか?

もしかしたら自分自身が「よく言ってる…」という口癖があったのなら、意識的に言わないようにしてみると良いでしょう。マイナスイメージの口癖は周りの人を不快にさせるだけでなく、自分自身にも良い影響を与えません。
また、口癖を変えることによって、自身の直したい性格のクセも改善されていきますよ。
合コンの席などで、ちょっと気になる女性が居る時は、試してみていかがでしょうか?