野原ひろしと言えば

埼玉県春日部市に住むごく一般的(世界最強)なサラリーマンとして有名です。
秋田県出身で、双葉商事に就職、現在勤続15年東京都霞が関の双葉商事営業2課の係長!
身長は180cm。靴のサイズは26cm。首回り40㎝、胸囲90㎝、ウエスト76㎝。股下79㎝。
髪型はややクセのついた短髪といった、こうやって見るとスペックは平均より上なような気がします。
しかも、収入は600万円前後、マイホーム持ちで自家用車有りと・・・
今の世の中ではびっくりするほどのハイスペックですよね!

結婚において目指すは『野原ひろし』のような男

特質してすごいと言った特徴も無く、ごく一般なサラリーマンなのですが、女性人気は流石の一言・・・
結婚したい男性キャラで良く話題にも上がります。
確かに、性格はちょっとダメな部分も多く、ヘタレでぐーたらな部分は見せるものの、温厚で時には男らしい一面があり、ある意味では理想の旦那像なのかもしれません。
ではもう少し、理想の男性像がどういったものなのか、見てみましょう!

女好きだが奥さん一筋

そして、野原ひろしを語る上で、忘れていけないのは「足の裏がくさい」のと、『女好き』と言ったイメージです。
現に、ヒロシが働く双葉商事の女性社員、草加 ユミという女性がいるのですが、作中ひろしはよく鼻の下を伸ばしており、時たま彼女と仲良くしている夢を見て現実世界でのしんのすけにぶち壊されるのが一種のオチでもある。
若い女性に対しては興味も一層あるようで、秘蔵の写真集や空想でも女性にモテモテな自分を想像するあたり、女性好きと言っても過言ではありません・・・
しかしそんなヒロシですが、女好きではあるけれど浮気もしない、妻や子どもを大事にするなど、家族思いで一途!

それを象徴するようなエピソードが243話『クレヨンしんちゃん ひさんな給料日だゾ』は一度見てみてください!!
みさえがひろしの給料一ヶ月分落とした時、ひろしはみさえの事抱きしめて頭撫でながら 「なんだ、そんな事か。また稼いでくるよ。俺はみさえとしんのすけが無事ならそれでいいと思うんだ。」

きっと普通の旦那ならそんな事言えませんよ・・・ホント・・・

他にも劇場版のヒロシからは名言も多く、戦国アッパレ大合戦では 過去に行ったしんのすけを追いかけて過去へ行くのをみさえに止められた時のひろしの言葉 「しんのすけのいない未来に未練なんかあるか?」と一括!
これは惚れざるえない・・・

連載当初は、どこにでもいる普通の平凡なサラリーマンをイメージして描かれたキャラクターとされていますが、今現在の基準で考えると、かなりハイスペックでいい男だと言う認証が世の女性の見解です。
無駄にハイスペックじゃなくて良いんです!
たまにちょっとした豪遊できるぐらいが丁度いい!!
そんな男性を女性は求めているのかもしれません