ゲームメディアを中心に、様々なメディアでも取り上げられ、おそらくこれまで興味の無かった人にも『VR』という名を聞いた人はいるのではないでしょうか?

最近では様々な試みをしており、様々な世界に観光できたり、仮想空間をよりリアルに冒険出来たりするようです。
VRの新たな試みとして知られているのは「きゃりーぱみゅぱみゅ XRライド」が新しいですね。
映像の中の世界を縦横無尽に駆け巡り、360度見渡してもその世界にいるように思える新感覚のアトラクションとして一躍注目を浴びました。

そもそも『VR』とは?

VRは、Virtual Reality(バーチャル・リアリティ)の略式名称で、日本語では”仮想現実”とも呼ばれます。
簡単に説明すると、コンピューターで作られた世界を、まるで現実世界のようにユーザーが体験できる世界で、アニメを良く見る人であれば『ソードアート・オンライン』の世界を想像してもらえれば、なんとなくイメージもつきやすいのではないでしょうか?

VRの世界を分かりやすく説明した動画です

好きな女性とセックスが出来る!!

さて、そんな『VR元年』などとも言われる2016年。

大人の男性を中心に話題を呼んでいるのは『VirtuaDolls』という、成人男性向けのコントローラーで、ゲームと連動し感触をリアルに感じれるアイテムだそうで、調整可能なソフトタッチ・グリップの稼働強弱や圧力、挿入した感覚もリアルに再現されているらしく、発売前に大人気となりすぎて資金調達を中止する事態となり話題となっています。

2016年バーチャルの世界は、セックスが出来るという時限にまで来ており、世間ではそんな大人のおもちゃを、今か今かと待ち望んでいる人が多いようです。

安価で手にはいるVR

しかし、こうったVRも価格が高いといったデメリットもあります。
安価なものでも8万近くし、VR体験をするにはPCなどの機器など周辺機器も整えないと体験できない次元でした・・・
ですが、昨今では、スマホがあればVRを体験できる“ハコスコ”や“ボッツニュー”など、安価なVRツールが出てきて敷居も下がり、気軽に体験できるような時代に!!

2016年10月にはレイステーション4向けのVRシステム“PlayStation VR”も発売され、価格も4万と多少値は張るものの、リアル体験出来るものが増えてます。

今後、どんどんこういった新しい試みが増えて行き、将来本当にセックスが出来る未来も遠くないかもしれません。